前へ
次へ

日本における訴訟代理人制度について

日本の訴訟制度は、本人訴訟主義が建前になっています。簡単に言うと、弁護士を訴訟代理人に選任するかどうかは本人の自由に任せられており、当事者が自分自身で訴訟遂行してもよいことになっているのです。それに対して、海外には、訴訟の際には必ず弁護士を訴訟代理人として選任しなくてはならないと決められている弁護士強制主義の国も存在しています。どちらが良いとか悪いとか一概に言えることではありませんが、本人訴訟主義になっている日本でも、実際には当事者が訴訟代理人を選任するケースがかなり多くなっています。以前は、この訴訟代理権が原則的に弁護士にしか認められていませんでしたが、ここ数年、資格要件の緩和現象が見られるようになってきています。

top用置換

top用置換2
Page Top