前へ
次へ

ペット葬の需要の高まり

ペットを大切な家族の一員として考えるようになってからというもの、ペット葬の需要が飛躍的に高まってきました。ペットと飼い主である人間の関係が強まるにつれて、最後のときも丁寧に葬る事を重視する傾向が強くなってきたのです。ただし、細かい規定があることから、仮想できる動物は決まっています。猫や犬、うさぎやハムスターは通常通り仮想することができますが、鳥や豚、そして鳥類は仮想することが禁止されています。そのため、大切なペットであっても、ペット葬を執り行う際には、法令を遵守する必要があるのです。葬儀業者もペット葬の需要の高まりに合わせて、様々な選択肢を用意しています。少し前までは合同葬が一般的で、引取火葬がなされていたことから、遺骨を返却してもらうことは難しかったです。しかしながら、葬儀会社もペットの葬儀に対して力を入れるようになったことで、個別火葬を可能とし、遺骨の返却を行うことができるようになったのです。

Page Top